手っ取り早く始めたい会社員のためのFXマニュアル

デモ取引は口座を開いてから

 

「口座を開いたはいいけど、何にもわからないのにいきなり外貨を買うなんて無謀だ」

 

たしかに、汗水流して働いたお金があっという間になくなってしまったらと思うと怖いですよね。

 

そういう場合は、取引を始める前にデモ取引を一度やってみると良いですよ。

 

 

口座を開く前にじゃないの?とよく聞かれますが、私は口座を開いてから(もしくは同時進行)をおすすめします。

 

なぜかというと、デモ取引をやっているうちに、うまく行って来るとすぐにでもやりたくなるからです。

 

FXで利益が出るケースで書きましたが、為替の動きが停滞している(上がり下がりがあまりない)とFXは儲かりません。

 

最近はずっと停滞気味なので、FXをやっている人の儲け話が以前ほどは聞こえて来ませんよね。

 

これがいったん動き出すとどんどん儲かって来る(もちろん損もありますが)ので、そういう状況を目の前で見ながら実際の取引ができないのは、何も知らなかった時なら待てますが、実際に知ってしまった後で待つのは精神的にストレスが大きいからです。

 

実際の口座開設とデモ用口座開設は別々です。

 

申し込んでから口座開設が完了するまでに少し時間がありますので、先に口座を開くことをおすすめします。

 

デモ取引をやってみよう

それでは、DMM FX を例に、実際にデモ取引をやってみましょう。
(口座開設がまだの人は⇒こちらから)

 

 

 口座開設が済んだら、デモ口座の登録をします。
 ニックネームとメールアドレスだけで登録ができますので、気が楽です。

 

デモ取引登録画面

 

 

 登録が済んだらすぐにメールが来ました。

 

デモ取引登録画面

 

 

 取引画面に入ると、お~っ!ちゃんと500万円の仮想金が入っているではありませんか!
デモ取引画面

 

 

ここでしっかり練習してから実践へ進むのも「あり」ですね。

 

取引のやり方は⇒基本的な取引法をご覧下さい。