手っ取り早く始めたい会社員のためのFXマニュアル

親会社は超骨太のSBIホールディングス

SBI FXトレードは、ご存知のとおりSBIホールディングスのグループ会社です。

 

FXに特化していない点でどうか?と思われる人もいるかと思いますが、バックボーンの強さと経済情勢に精通した点は、金融危機などの時に強いメリットとなります。

 

実際に、初めて取引する観点からSBI FXトレードを見てみましょう。

 

※当サイトはアフィリエイトプログラムにて運営していますので、リンク先を開く時に確認メッセージが出ることがありますがご心配はいりません。

 

SBI FXトレード
SBI FXトレード

SBI FXトレードは金融大手のグループ会社という利点を生かし、セミナーやプロによる分析など、情報を豊富に提供している。

 

他社との一番の違いは 1通貨単位 で取引ができること。
デモ取引では現実とはかけ離れた取引になってしまうところを、小さな金額でリアルに試せる点が初心者に魅力。

 

SBIにはネット銀行もあるので、こちらに運用資金の出し入れをすると、コンビニからのATM引出しが月に5回まで無料であったり、振込手数料が月に3回まで無料という恩恵を受けられる。

最低取引単位 口座開設・取引の簡単さ 総合評価

1通貨

 

SBI FXトレード の 「これはいい!」 と思うところ

 

SBI FXトレードで取引をしていて、特に「これいいなあ」と思ったところは、わかりやすいメルマガです。

 

私は普段どのメルマガも見ないのですが、SBI FXトレードのメルマガはパッと目に入ってくるので、見やすいから見ています。

 

SBIFXトレードのメルマガ画面

 

毎日細かく見るのではなく、赤字がある時だけ、その時間の前後に大きく動くだろうと警戒するのです。

 

普段は放っておいている取引も、危なそうだったらその前に売る、など判断材料にしています。

 

SBI FXトレード の 取引画面を見てみよう!

 

では、実際の取引画面を見てみましょう。

 

 

ログイン後のトップページ

sbi

 

他のFX会社と比べてずいぶんスッキリした感があります。

 

 

 

チャート図はどこにあるんだろう? と思うと、メニューバーの右上にありました。

 

クリックしてみると、別の画面が開きます。

 

sbi

 

 

 

取引口座の情報と新規注文

 

sbi

 

中央の黒いバーから 「口座情報」 を選ぶと、下の画面に損益などの資産状況が出て来ます。

 

 

 

メニューバーの 「取引」 から 「新規取引」 を選ぶと、下の画面が取引画面に変わります。

 

 

sbi

 

 

SBI FXトレード では、時間の無い人向けの IFO注文が 「IFDOCO」 と表されています。

 

IFO注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせたものなので、初心者でもわかりやすいように書かれているようです。

 

⇒これだけは知っておきたい用語ご参照)

 

 

注文の結果を確認する

 

「口座情報」 があった黒いバーから 「注文履歴」 でちゃんと注文が入ったかどうか確認する。

 

あとは結果を楽しみに待つだけ!!

 

 

余計な項目が無い分、FX歴が長い人には物足りないかもしれませんが、初心者にはシンプルでわかりやすい操作性です。

 

 

操作に煩わされないFX↓
SBI FXトレード

 

 

 

※当サイトはアフィリエイトプログラムにて運営していますので、リンク先を開く時に確認メッセージが出ることがありますがご心配はいりません。