手っ取り早く始めたい会社員のためのFXマニュアル

FX (外国為替証拠金取引)のしくみ

 

FX取引とは、2種類の通過(たとえば米ドルと円)を交換する取引で、

 

外貨を買うことと売ること 両方を言います。

 

なぜ 「両方」 かというと、売買の両方を行うことで利益 (損の場合も…) が出るからです。

 

たとえば、安く買ったものを高く売ったら利益が出ますね?

利益の図

 

 

同じように、外貨が安い時(円高の時)に買って、

外貨の値段が上がったら(円安になったら)売ると利益が出ます。

 

外貨両替利益の図

 

 

これだけ見ると、「ドルに両替するのとどう違うの?」 と思うかもしれません。
「外貨預金じゃないの?」 という人もいるでしょう。

 

たしかに、円高の時に銀行で外貨に両替して、円安になったら円に戻すのと、何ら変わりはありませんね。

 

 

それじゃあ、FXと外貨預金の違いは何でしょう?

外貨預金との違い

 

FXと外貨預金の違いは何か?

 

それはいくつもあるのですが、始める前に知っておきたい違いはとりあえず次の2つです。

 

 少ない元手で大きな取引ができる

 

仮に、わかりやすく1ドルが100円だったとします。

 

外貨預金の場合、1万ドル分を預けたければ100万円が必要となります。
(100円×1万ドル)=100万円

 

FXでは、1万ドルの取引を4万円ですることができます。(レバレッジが最大の25倍の場合)
(100円×1万ドル÷25)=4万円

 

 

 まだ持っていない外貨を売ることができる

 

「なんでやねん?」 と思うかもしれませんが、FXでは、まだ外貨を持っていないのに売ることができます。

 

実はFXは日本語で言うと、『外国為替証拠金取引』 といって、信用取引の一種です。

 

信用取引というのは、株などの金融商品を実際には持っていなくても、「あなたを信用して」買います(あるいは売ります)という取引なのです。

 

でも、知らない相手を何もなしには信用できませんよね?そのための材料が上で述べた証拠金なのです。

 

担保を持っている人だから信用しましょうということで取引ができるしくみです。(実際にはFX会社からお金を借りて取引するしくみが隠されている)

 

もっと詳しく知りたい人は…

 

それ以外の違いにはこんなものがあります。

 

FXでは差額だけをやり取りする

 

外貨預金の場合、銀行に預けたお金のうち、預けたい金額そのものが外貨預金に回り、普通預金に戻す時はその時点の日本円が口座に戻ります。

 

 

FXでは元手の何倍もの取引ができる

 

外貨預金は10万円なら10万円だけがやりとりされますが、レバレッジといってテコの原理が働くので、実際のお金の何倍もの(最高で25倍)取り引きができます。

 

売り買いの金額差だけじゃなく、2つの通貨の金利差も利益(または損失)になる

 

外貨預金は外貨の売り買いの差は損や得になります(為替の差益)が、FXではその他に、金利の高い国の通貨を買うのに金利の低い国の通貨を売った場合、その2通貨間の金利の差も損や得になります。

 

 

 

↓初心者にもわかりやすいDMM FX